幼児の鼻うがい

 

 

幼児の鼻うがいについて

「幼児でも鼻うがいはできるの?」という質問をされる親御さんがいらっしゃいますが、幼児でも子供でも鼻うがいは可能となっております。

 

鼻が上手くかめない幼児の鼻処置は必要不可欠で、清潔に保たなければ様々な異常が引き起こされてしまうのです。

 

一回の鼻うがいでは効果的に細菌やウイルスを除去できない可能性があるので、そのような場合は何度か行ってみてください。

 

免疫力がまだ弱い幼児は、通常の手洗いうがいだけではなく、鼻うがいで風邪やインフルエンザの予防をしていく必要があります。

 

耳鼻科でも成長期過程の子供の鼻洗浄を行っているので、成人でなければならないという決まりはないのです。

 

もちろん、成人の鼻うがいのように、生理食塩水や市販で販売されている洗浄液をしっかりと使用しなければなりません。

 

幼児の方が大人よりも鼻粘膜がデリケートになっているので、絶対に水道水で鼻うがいをしてはいけないのです。

 

幼児の鼻うがいの場合は、成人以上に気を配る必要があります。

 

それでも、鼻うがいをすることによって、インフルエンザ菌の約6割ほどを減少できると言われております。

 

インフルエンザで悩まされている幼児はたくさんいらっしゃるので、予防のためにも定期的に鼻うがいを行っていくことが大切です。

 

とは言え、やりすぎには十分に気をつけてください。鼻うがいの回数を増やせば増やすほど効果を期待できるというわけではなく、どんどん鼻粘膜に負担がかかるので、1日に1回がベストとなっております。

 

鼻血が良く出る幼児には鼻うがいをしない方が良いと思いますが、慣れてくればソフトにできるようになるでしょう。

 

自宅で生理食塩水を作り、子供に鼻うがいをさせているという親御さんは多いのですが、市販のグッズに頼るのも一つの方法です。

 

そこで、「鼻腔洗浄器 ナサリン ジュニア」がおすすめとなっております。

 

「鼻腔洗浄器 ナサリン ジュニア」は子供用の花粉対策グッズとなっており、付属されている精製塩をぬるま湯で溶かし、注射器のような入れ物に入れて鼻に注入するだけです。

 

それを片方の鼻に入れるだけで鼻うがいができるので、非常に手軽なグッズであると言えます。

 

幼児のことを考えて鼻に注入しやすい入れ物となっているので、自宅で生理食塩水を作って鼻うがいをするよりも簡単です。

 

花粉症だけではなく、風邪やインフルエンザの予防にもなるので、一度自分の子供に使ってあげてください。

その他