鼻うがいのやりすぎは良くないの?

 

 

鼻うがいのやりすぎは良くないの?

「鼻うがいのやりすぎは良くないの?」という疑問を抱いている方はいらっしゃいますが、その通りでやりすぎは鼻の粘膜に大きな負担がかかってしまいます。

 

ただでさえ鼻うがいは負担がかかるので、それを1日に何度も行うことで引き起こされる影響は、少し考えれば分かるでしょう。

 

それに、1日に1回だけでも大きな効果を期待できるのです。

 

何度も鼻洗浄を行ったからといって、鼻の中に存在している細菌を全て除去することはできないので、1日に1回を心掛けた方が良いと思います。

 

それでも、花粉症といった症状に悩まされている方は、1回では満足できないかもしれません。

 

連続して鼻うがいを行わなければ大きな弊害はないので、時間を空けるのであれば何度も行っても大丈夫です。

 

とは言っても、どんなに多くても1日に3回までにするべきです。

 

それ以上の鼻うがいは、鼻粘膜に大きな負担がかかるので、逆効果となってしまいます。

 

以上のように、鼻うがいのやりすぎによって、何かトラブルが引き起こされるかもしれないので、回数をしっかりと守らなければならないのです。

 

また、1回の鼻うがいで3回〜5回ほど鼻を洗浄するのですが、その場合も連続して鼻に液体を流し込むのではなく、休憩を挟みながら行ってください。

 

少しずつゆっくりと鼻うがいを行っていれば、身体の一部に負担がかかることなく、鼻をスッキリとさせられます。

 

もちろん、人によって感じ方は異なるので、1日に1回でもやりすぎだと感じる方がいらっしゃるかもしれません。

 

そのような方は、1日おきに鼻うがいをした方が良いと思います。

 

この方法で花粉症の症状を抑えられたという方はいるので、試す価値は十分にあります。

 

鼻うがいのやりすぎはトラブルの元となりますが、適度な鼻うがいは鼻の中の細菌やウイルスを洗い流すという効果だけではなく、潤いを与えられるのです。

 

鼻粘膜は水分がなくなることで機能しなくなり、エアコンのつけすぎで風邪をひきやすいのは、鼻粘膜が乾燥し異物の侵入を許してしまうからだと言われております。

 

つまり、鼻うがいによって水分を与えて潤いを与えるということも、風邪の予防と大きく関係しているのです。

 

ただし、何が何でも水分を与えれば良いというわけではないので、程ほどに行う必要があります。

 

何度も説明しますが、鼻うがいの回数を増やしたからといって、それに比例した効果が得られるというわけではないので、1日に1回を心掛けてください。

鼻うがいに関する疑問についてのページ