鼻うがいのやり方

 

 

鼻うがいの簡単なやり方について

ここでは、鼻うがいの簡単なやり方について、詳しく説明していきたいと思います。

 

人によってやり方は異なると思われますが、どれが正しいと決まっているわけではありません。

 

とは言え、間違った方法で鼻うがいを行うと思わぬトラブルが引き起こされて、本来の効果を味わえないという可能性は十分にあります。

 

そのため、このページで正しいやり方を身に付けて、鼻うがいを実践してみてください。

鼻に注入するための液体を作ろう

まずは、鼻うがいをするための注入する液体を作っていきましょう。

 

水道水をそのまま鼻に注入すると、鼻の粘膜が傷ついてしまうので、これを防ぐために生理食塩水を用意します。

 

食塩水の濃度は、体液と一緒である0,9%が望ましいと言われているので、25度〜30度ぐらいのぬるま湯250ccに対して2g強の食塩がベストです。

 

とは言え、水道水でなければ全く問題はないので、少々濃くなったり薄くなったりしても問題はないので、そこまで神経質になる必要はありません。

 

体液に近い濃度にすれば、目や鼻の粘膜に触れてもしみることはないのです。

食塩水を吸い上げよう

水が飛び散ってしまう可能性があるため、鼻うがいをする際は洗面所やお風呂場がベストです。

 

そして、作った生理食塩水を顔に近づけて、片方の鼻を指で押さえ、もう片方の鼻から吸い上げていきます。

 

勢い良く吸い過ぎると、大きな刺激となって鼻を痛める可能性があるため、ゆっくりと吸い上げるようにしてください。

 

慣れるまでは直ぐに出してしまっても構いませんが、慣れてきたら飲み込まないように少し息を止めて、吸い込んだ食塩水を出しましょう。

もう片方の鼻も行おう

片方の鼻が終わったら、今度はもう片方の鼻も同じ要領で、食塩水を吸い上げていきます。

 

これを合計3回〜5回ほど繰り返しましょう。

 

そして、鼻の周りを清潔なタオルで拭いてください。

 

この時に鼻をかみたいと感じると思われますが、勢い良く鼻をかむと中耳炎の危険性があるので、軽く拭き取って鼻の中の水分がなくなったら、鼻をかむと良いです。

 

 

以上が鼻うがいの簡単なやり方となっております。

 

最初は上手くいかないかもしれませんが、花粉症やインフルエンザの予防に優れているので、積極的に試してみてください。

 

慣れてきたら、食塩水が気道までいかないように鼻の奥まで吸い込み、そうすると口の中に溜まっていくので、それを口から吐き出しましょう。

鼻うがいのやり方についてのページ