鼻うがいとヤニ

 

 

鼻うがいとヤニについて

鼻うがいではヤニの嫌なニオイを取り除くことも可能で、男性からも女性からも年齢に関わらず愛されております。

 

タバコの中には様々な化学物質が含まれており、ヤニとはタバコの燃焼によって生じる粘液のことです。

 

近年ではヤニという言葉を使う人は少なくなっているような気がしますが、以前は不良が「ヤニが切れてきた」と話す光景はありました。

 

「ヤニが切れてきた」⇒「ニコチンが切れてきた」⇒「タバコを吸いたい」と解釈でき、「ヤニ」という言葉が「タバコ」よりもかっこいいからこそ頻繁に使っていたのかもしれません。

 

ニコチンやタール、カドミウムやホルムアルデヒドといった化学物質を総称してヤニと呼び、肺に付着して機能を阻害したり歯に付着して黄ばみが生じたりという弊害があります。

 

このヤニは鼻の粘膜にも付着しやすく、その影響で不快な臭いが発生しやすいので鼻うがいが効果的だと考えられているのです。

 

鼻の中を綺麗に洗浄する鼻うがいを行えば、ヤニやホコリ、細菌といった物質を洗い流すことができます。

 

普通にティッシュで鼻をかんだだけでは除去するのは難しいですし、鼻の粘膜にこびり付いているので鼻うがいが最も簡単な方法なのではないでしょうか。

 

市販されている洗浄液を購入したり、自宅で0.9%の生理食塩水を作ったりして鼻の中に流し込み、粘膜を綺麗に掃除していきます。

 

ヤニ汚れは想像以上にしぶとくて鼻の粘膜に付着しますし、ヘビースモーカーやチェーンスモーカーの方はお風呂で鼻の表面を洗っているだけでは落とせないかもしれません。

 

知らず知らずの間に周りに迷惑がかかっているケースもあるため、臭い物質のヤニ汚れを落とすために定期的に鼻うがいをしてみるべきです。

 

もちろん、鼻から発せられているわけではなく、タバコの吸いすぎで口臭が発生する可能性も十分にあります。

 

特に、タバコを吸うと同時にコーヒーを一緒に飲んでいる方は注意が必要で、この組み合わせはできる限り控えた方が良いのではないでしょうか。

 

ヤニ自体が不快な臭いを持っているだけではなく、コーヒーの利尿作用によって体内の水分量が低下して唾液の分泌も減少し、口内の細菌を殺せなくなって口臭リスクが一気に高まります。

 

そのため、ブレスケアといった口臭ケアグッズを使用して、臭いに対するケアを徹底して行うべきです。

 

鼻の臭いや口臭が気になるならばタバコをやめるのが手っ取り早く、将来の健康のためにも禁煙にチャレンジしてみてください。

鼻うがいの効果についてのページ