鼻うがいと点鼻薬

 

 

鼻うがいと点鼻薬について

鼻うがいと同じように、点鼻薬を使用することによって、鼻詰まりを解消し、スースーとさせることが可能となっております。

 

点鼻薬とは、鼻腔に直接スプレーする薬のことを指し、花粉症といったアレルギー性鼻炎の方が使用しています。

 

鼻うがいよりも点鼻薬の使用の方が一般的となっていますが、大きなリスクがあるということをしっかりと把握しておかなければなりません。

 

きちんと耳鼻科での診断を受け、個人に適した点鼻薬を使用すれば大きな異常は引き起こされないかもしれませんが、市販の点鼻薬には抗ヒスタミン剤というものが配合されております。

 

また、「ザジテン」や「リボスチン」といった成分や、「プリビナ」「ナベール」を中心とする血管収縮剤が含まれていることがあるのです。

 

確かに、その効力は強く、鼻うがいよりも大きな効果が期待できるかもしれませんが、連用するとだんだんと効き目が薄くなっていきます。

 

それに、使い続けることで、逆に鼻詰まりが引き起こされる可能性もあるのです。

 

特に、血管収縮剤を含んだ点鼻薬でこのようなリスクが生じるので、できる限りこの成分が含まれていないものを選んだ方が良いでしょう。

 

どちらにしても、自分ではどの点鼻薬を使用すれば良いのか判断がつかないかもしれないので、アレルギー性鼻炎で悩まされているという方は、専門医の診断が必要不可欠です。

 

点鼻薬を鼻の中に入れるという際は、鼻中隔に薬が直接当たらないように心掛ける必要があるのですが、ステロイド剤が含まれた点鼻薬を使うと違和感を感じることがあり、血が混じる可能性もあります。

 

点鼻薬を使用し、少しでも異常を感じたという場合は、直ぐに専門医に相談するべきです。

 

以上のように、点鼻薬の使用によって幾つかのリスクが生じるのですが、鼻うがいであればもっと穏やかに作用します。

 

もちろん、鼻うがいも正しい方法で行わなければ思わぬトラブルを招いてしまうのですが、生理食塩水であれば人体に悪影響となるような成分は配合されておりません。

 

水道水で鼻うがいをすると、様々な弊害があるのですが、人間の身体の体液に近い濃度の生理食塩水で行えば、大きな異常が引き起こされることはないはずです。

 

鼻の粘膜に付着した細菌や花粉を洗い流すことで、鼻詰まりをなくして快適な生活を送ることができるでしょう。

 

鼻うがいに関しては色々な意見がありますが、不快な症状を和らげられるので、試す価値は大いにあります。

鼻うがいの注意点についてのページ