痰をとれる鼻うがい

 

 

痰をとれる鼻うがいについて

からんだ痰を取り除きたいというのであれば、鼻うがいがおすすめとなっております。

 

痰が喉に絡んでいると、違和感があり気持ち悪いと感じる方は、多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そのような時に鼻うがいをすることで、痰の絡みや鼻詰まりを解消できるのです。

 

鼻うがいは、鼻の奥にある細菌やほこりなどを洗い流すために行うもので、鼻水や痰を減らす効果があります。

 

鼻うがいをしたことがないという方は、抵抗を感じるかもしれませんが、慣れると意外と簡単にできるようになります。

 

最初のうちは思うように痰を取り除けないかもしれませんが、継続的に行っているとスムーズにとれるようになるのです。

 

痰が絡んでいると睡眠が阻害されることがあるため、疲れが溜まるだけではなく、ストレスも溜まってしまいます。

 

そのため、鼻うがいで綺麗に鼻を洗浄して、取り除くように試みてください。

 

そこで、鼻うがいは、まず生理食塩水を作ることから始めなければなりません。

 

ボトルなどに200ccほどのぬるま湯を入れ、食塩を小さじ1杯ほど入れて生理食塩水を作ります。

 

食塩水の濃度は0,9%が適していると言われていますが、そこまで神経質になる必要はないでしょう。

 

これは血液と同じ濃度にするために食塩を入れているのですが、このような対処をせずに水道水でそのまま鼻うがいを行うと、鼻の粘膜が傷ついたり鼻が痛くなったりするので、十分に注意しなければならないのです。

 

プールなどで鼻の中に水が入った時に、ツーンと鼻が痛くなるという経験をした方はいらっしゃると思います。

 

これは水の中に塩素が含まれており、その影響で鼻が痛くなってしまうのです。

 

しかし、生理食塩水を使用すれば痛みを抑えられるので、スムーズに鼻うがいを行えます。

 

生理食塩水でなくても、市販で洗浄液が販売されているので、そのようなアイテムを使用する方法もあります。

 

どちらにしても、水道水で鼻うがいをしなければ問題はありません。

 

以上のような点に気をつけて鼻うがいを行えば、綺麗に痰をとれるはずです。

 

痰を体内の中に長く残していると、細菌が繁殖する絶好のポイントとなり、感染症を引き起こしやすくなってしまいます。

 

そのため、痰が絡んだという場合は、早急に体外に排出しなければならないのです。

 

その方法の一つが鼻うがいなのですが、普段から水分補給を心掛けていると、痰の粘性を下げて、痰がとり易くなるので試してみてください。

鼻うがいの効果についてのページ