鼻うがいとお風呂

 

 

鼻うがいとお風呂について

「鼻うがいはどこで行えば良いの?」という質問をされる方がいらっしゃいますが、お風呂の中か洗面所で行うのがベストだと思います。

 

どんなに鼻うがいに慣れてきたとしても、水分が下に垂れるということは考えられるので、できるだけ濡れても大丈夫なところで行うべきです。

 

そう考えると、お風呂の中で鼻うがいをするのが良いのではないでしょうか。

 

自宅で洗浄液を作るという場合は、食塩を入れて0,9%の濃度の生理食塩水を用意し、それを鼻の中に入れてうがいをしていきます。

 

温度や濃度を調節しなければならないので、面倒だと感じる方は、市販で販売されている洗浄液を使用し、鼻うがいを行っても良いです。

 

どちらにしても、水道水で行うと鼻粘膜にとって大きな刺激となるので、絶対に使用してはいけません。

 

この点にさえ注意していれば、お風呂の中でなくとも、自分のやりやすいところで良いと思います。

 

洗面所の周りが水浸しになってしまうことを考えれば、お風呂の中で行うのが安全です。

 

お風呂の中であれば、どんな格好で鼻うがいをしようが、どこから水分を出そうが自分の好きにできるというわけです。

 

ただし、中にはシャワーの勢いを利用して鼻うがいをする方がいらっしゃるのですが、これは大変危険ですので止めてください。

 

シャワーをそのまま鼻に当てると痛みを伴うので、直ぐに止めてしまうと思いますが、いくらぬるま湯であったとしても、水道水であることには変わりないので、鼻に負担がかかってしまいます。

 

息苦しくなることは間違いないので、手の平に生理食塩水をとって鼻うがいをするか、市販で売られている専用の器具を使用した方が良いでしょう。

 

最初のうちは手の平で上手く液体を吸い込むことができないと思うので、そのような方は市販の鼻うがいキットを利用するべきです。

 

製品によって異なるのですが、大体数千円で販売されているので、お好きなものを購入するのは良いかもしれません。

 

そして、お風呂場など鼻うがいを行いやすいところで、試してみてください。

その他