鼻うがいと膿栓

 

 

膿栓とは

喉の奥から吐き出される臭いものが何なのか疑問に思っている方は、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

この正体は膿栓と呼ばれております。食べ物のカスなどが扁桃腺の窪みに溜まっていると、それがだんだんと大きくなり、膿栓となるのです。

 

これは、体内の不要物であると説明でき、口臭の大きな原因となってしまいます。

 

とは言え、膿栓は誰にでもできるものであり、ある程度溜まると白っぽい小さな塊が出てくるのですが、歯磨きをしっかりとしているのにも関わらず、口臭が酷いという方は、この膿栓が喉の奥に溜まっている可能性が高いのです。

 

腫瘍ではないのかと不安になる方はいらっしゃいますが、決してそんなことはなく、白い塊が落ちてくるだけで発熱といった症状を伴っていないのであれば、そこまで心配する必要はありません。

 

ただし、細菌が繁殖する絶好の場所となることは変わりないので、水がうがい薬で4回以上のうがいを行い、細菌が繁殖するのを防ぐべきです。

鼻うがいと膿栓について

膿栓は通常のうがいでは吐き出されることが少ないのですが、鼻うがいを行うことで、出てくることがあります。

 

もちろん、完全に取り除けるというわけではありませんが、膿栓を除去できる一つの手段であることは間違いありません。

 

鼻うがいを行うと、鼻から喉へとぬるま湯が流れ、その刺激によって膿栓がスポンと洗い流される仕組みとなっております。

 

膿栓が喉の奥に残されている状態を放置していると、喉がイガイガして気持ちが悪い感覚に襲われてしまいますが、生理食塩水で鼻うがいを行えば取れる可能性が高いので、爽快な気分になるはずです。

 

ただし、続けて取れたり、どんどんサイズが大きくなっているという場合は、部分的にとれたものが外に表れているだけで、その本体は中に隠れているという可能性が高くなります。

 

その膿栓を取り除きたいと考え、何回も鼻うがいを行ったり、喉をつついたりしていると、粘膜が傷ついて別の炎症が引き起こされてしまうので注意が必要です。

 

鼻粘膜だけではなく、喉の粘膜も傷つけられると、思わぬトラブルが引き起こされてしまいます。

 

取れる時は自然と取れるものですので、あまり必死に除去しないようにしなければなりません。

 

膿栓ができる時は、疲れが溜まっていたり、ストレスが溜まっていたりと体調が悪いというシグナルであると考えられるので、まずは身体をゆっくりと休めることから始めてみてください。

その他