妊婦さんは鼻うがいをしても良いの?

 

 

妊婦さんは鼻うがいをしても良いの?

「妊婦さんは鼻うがいをしても良いのか?」という疑問を抱えている女性はいらっしゃいます。

 

確かに、妊婦さんはお腹に大事な赤ちゃんを授かっておりますし、全ての行動に対して神経質になるはずです。

 

もちろん、それだけ赤ちゃんのことを大切に考えているということなので、これは決しておかしな話ではありません。

 

結論から申せば、妊婦さんでも鼻うがいは利用できますし、危険な医薬品を使うわけではないので安心です。

 

鼻うがいを行うには水道水ではなく、通販で販売されている専用の洗浄液や0.9%の濃度で薄めた生理食塩水を使用する形となります。

 

これらはお腹の赤ちゃんに危険が及ぶわけではないので、鼻うがいをして辛い花粉症の季節を乗り越えたり、インフルエンザの予防に繋げたりできるのです。

 

ドラッグストアでは、鼻づまりを解消するための市販薬が以下のようにたくさん販売されております。

 

 

アネトン アルメディ鼻炎薬:生薬配合なので身体に優しい

プレコール持続性鼻炎カプセル:鼻水やくしゃみに効き目のあるカプセル

コンタック:スプレータイプの鼻づまり解消薬

アルガード鼻炎内服薬:交感神経に刺激を与えて鼻づまりを緩和してくれる

ストナリニS:副交感神経を遮断して鼻づまりなどの症状を和らげる

ヴェポラッブ:赤ちゃんから大人まで幅広い年代に愛されている医薬品

 

 

上記の市販薬は穏やかな作用が期待できるため、妊婦さんでも服用できます。

 

しかし、お腹の中の赤ちゃんのことを考えれば、なるべく内服薬は服用しない方が良いのではないでしょうか。

 

それでも、何も対策しなければ鼻づまりやくしゃみといった症状は辛いので、そんな時に鼻うがいが大いに役立つのです。

 

正しいやり方ならば妊婦さんが鼻うがいをしても特にリスクはありませんし、鼻の中を清潔に保つのはとても良いことだと言えます。

 

女性は妊娠して赤ちゃんを授かるとホルモンバランスが一気に変わり、鼻の粘膜に影響が及んで鬱血して腫れ上がって鼻づまりを引き起こしやすいのです。

 

元々慢性鼻炎や副鼻腔炎といった鼻の病気を患っていれば、症状は加速するかもしれません。

 

息苦しく眠ることができず、ストレスが溜まって別の身体的な症状で悩まされる女性も多いため、不快な鼻水や鼻づまりを解消するために鼻うがいを試してみるべきです。

 

当サイトのトップページでは鼻うがいの正しいやり方をご紹介しているので、どのような処置を行えば良いのか分からない人は一度ご覧になってください。

鼻うがいに関する疑問についてのページ