マグネシウムで鼻うがい

 

 

マグネシウムで鼻うがいをしよう

鼻うがいをするに当たり、生理食塩水の中にマグネシウムを加えるのが良いと考えられています。

 

マグネシウムは身体の健康を維持するに当たって欠かせない栄養素で、あおさや大豆といった食品に含まれているのが特徴です。

 

このマグネシウムを水分の中に溶かして上咽頭を洗うと、鼻の中に存在している様々な細菌を殺菌してくれます。

 

細菌の繁殖を防げばアレルギー症状の予防に繋がりますし、超高濃度マグネシウムであれば皮膚の外側からでも吸収されて炎症を抑えられるのです。

 

 

@上咽頭に異物が付着したままで炎症が起こる

A風邪や体調不良といった症状が引き起こされる

B頭痛やめまいといった不快な症状でも悩まされる

 

 

上記のような弊害があるため、ただ鼻うがいで洗浄するのではなくマグネシウムを加えた方が良いでしょう。

 

水150mlに対して5滴〜10滴程度の超高濃度マグネシウムが良いと言われており、後は正しい方法に従って鼻うがいを行っていきます。

 

「水道水やシャワーを使って鼻うがいを行う」「1日に何回も鼻うがいで洗浄する」といった方法は間違っており、鼻の粘膜を傷付ける原因なので注意しなければなりません。

 

花粉症やインフルエンザの予防にピッタリの方法なのは間違いありませんが、正しいやり方を心得ておかなければ危険です。

 

マグネシウムを入れる場合は自宅で生理食塩水を作って加えるのではなく、ドラッグストアで市販されている洗浄液を使うのも良いでしょう。

マグネシウムにはどんな効果がある?

マグネシウムは鼻うがいの洗浄液の中に加えるだけではなく、食べ物から体内へと取り入れるべき栄養素の一つです。

 

身体の中でどんな働きをしてくれるのか以下では得られる効果をまとめてみました。

 

 

・塩分であるナトリウムの排出を促して血圧を正常な状態で保つ

・カルシウムと上手くバランスを取って骨や歯を強くする

・精神を安定させる効果を持つセロトニンの分泌を促してストレスを解消する

 

 

肉体的にも精神的にも身体に良い影響が加わりやすく、現代人の食生活では不足しやすいので意識して取り入れた方が良いでしょう。

 

私たちが生きていくに当たってビタミンやミネラルはなければならない存在なので、食事で上手く摂取できない場合はネット通販のサプリメントに頼ってみてください。

手作りの鼻うがいについてのページ