嗅覚障害に効果的な鼻うがい

 

 

嗅覚障害とはどのような症状?

嗅覚障害とは嗅覚機能の低下により、食べ物など臭いを正常に感じることができない症状のことを指します。

 

臭いを感じる経路のどこかに障害が引き起こされているのが大きな原因で、同時に食事の味も分からなくなってしまうのが特徴です。

 

味覚にも障害が起こり、「毎日の食事が楽しくない」「食べ物を食べている気がしない」と症状の悪化につれて痩せていくケースも多いので注意しなければなりません。

 

嗅覚機能の低下に関しては以下の3つの種類に分けられます。

 

・鼻腔の形態異常やアレルギー性鼻炎が原因の呼吸性嗅覚障害

・ウイルス性の風邪を引き起こすと発症しやすい末梢神経性嗅覚障害

・頭部の外傷や脳腫瘍によって引き起こされる中枢神経性嗅覚障害

 

本当は全く臭いがしていないのにも関わらず、当人にとっては異常な悪臭だと感じる症状も嗅覚障害の一つで、アルツハイマー病やパーキンソン病が関わっていることもあるので早めに耳鼻科を受診した方が良いでしょう。

鼻うがいは嗅覚障害にも効果的なの?

病気の治療に結び付けられるわけではありませんが、鼻うがいは嗅覚障害の症状に効果的だと言われています。

 

専用の液体や食塩水を使って鼻の中を洗浄するのが鼻うがいの特徴で、ホコリやウイルスなどの刺激物を除去できるのです。

 

@慢性副鼻腔炎を発症している方は粘り気のある鼻水が出る

A鼻の奥が塞がれて嗅覚障害のような症状で悩まされやすい

B鼻うがいを行って鼻の中を洗浄すれば空気の道ができる

C前よりも鼻がスースーと通りやすくなる

D鼻づまりが解消されて食べ物や自分の臭いが分かるようになる

 

このようなメカニズムで症状の改善に繋がりやすく、正しい方法さえ心得ておけば自宅で処置を施すのは決して難しくありません。

 

これができる人にとっては鼻うがいはバッチリで、「花粉症の症状が辛くて鼻が詰まった状態が続いている」といった方も一度試してみてください。

嗅覚障害による症状をリセットする方法は?

以下では鼻うがいだけではなく、嗅覚障害による症状をリセットできる方法を幾つか挙げてみました。

 

・外の新鮮な空気を吸い込んで嗅細胞についている嗅素を除去する

・シャワーを浴びたり湯船に浸かったりして水蒸気でリフレッシュする

・高性能のマスクを装着して空気をろ過して臭気を飛ばす

 

順応してしまった嗅覚はこれらの方法で元の状態に戻すことができ、正常な臭いの感覚を手に入れれば今までよりも食べ物が遥かに美味しくなります。

 

もちろん、自宅で行う鼻うがいと同じように嗅覚障害の根本的な治療には繋がりませんし、別の病気が深く関わっているケースも多いので、あまりにも症状が酷い人はセルフケアではなく病院で専門医の診察を受けてみてください。

鼻うがいの効果についてのページ