鼻うがいで口から出ない

 

 

鼻うがいで口から出ないという方へ

鼻うがいを行い、口から出ないという方がいらっしゃいます。

 

そのような方は、鼻に洗浄液を注入するのを怖がり、きちんと奥まで液体が届いていない可能性があります。

 

鼻の奥まで洗浄液が届かなければ、口から出ないのは当たり前です。

 

鼻うがいが初体験という方は、怖がって上手く液体を入れられないかもしれませんが、正しい方法で行っていれば痛みは引き起こされないので安心してください。

 

勢い良く注入すると鼻の粘膜に刺激が加わってしまいますが、鼻うがいは思い切りの良さが必要となります。

 

しっかりと鼻で吸い込み、その液体が奥までいけば、鼻と口は繋がっているので、自然と口へと流れ込み吐き出すことができるのです。

 

もし、自分で上手く液体を流し込めないという方は、市販の鼻うがいグッズがおすすめとなっております。

 

現在では色々なグッズが販売されているのですが、鼻に注入しやすいような器具が付属されている商品があるので、これを使用することで簡単に鼻うがいができるのです。

 

製品によって微妙に違いはあるのですが、鼻粘膜に負担がかからないような洗浄液が使われているので、どの製品であっても痛みを感じずに鼻を洗浄できると思います。

 

器具の形も異なっているので、口コミなどを参考にし、自分に合いそうなものを購入して使ってみましょう。

 

また、鼻うがいをするために、片方の鼻の穴へと液体を注入すると、もう片方の穴から出てしまうと悩んでいる方がいらっしゃいます。

 

2つの鼻の穴は繋がっているので、口から出ないという方は、そのままの方法で鼻うがいを行っても全く問題はありません。

 

鼻うがいの方法はしっかりと定められているというわけではないので、自分のやりやすい方法をとるのが一番です。

 

とは言っても、「水道水は使わない」「鼻の中に水が残っているような状態で耳抜きは行わない」「1日に何度も鼻うがいを行わない」というように、鼻の健康を保つために定められていることはあるので、鼻うがいを行う前にきちんと確認する必要があります。

 

さて、どうしても口から洗浄液が出ないという方は、鼻の中に液体を入れ、そのまま出す方法をとってみてください。

 

確かに、鼻の奥にまで洗浄液を注入しなければ大きな効果は期待できませんが、それでも鼻の粘膜に付着した細菌は取り除けるので、試す価値は大いにあります。

 

我流の方法であっても、正しいやり方を熟知していれば異常は引き起こされないのです。

その他