風邪に効果的な鼻うがい

 

 

風邪予防に効果的な鼻うがいについて

寒い季節がやってくると、風邪をこじらせて体調を悪化させる方がいらっしゃると思います。

 

細菌を侵入させないためには、帰宅時の手洗いうがいが必要不可欠なのですが、同時に鼻うがいも効果的です。

 

液体を鼻の中に入れて、細菌やウイルスを洗い流す鼻うがいによって、風邪やインフルエンザの予防となります。

 

鼻の中に残った黴菌によって風邪が引き起こされる可能性は十分にあるので、そのような黴菌を体内に侵入させないために、鼻うがいが適しているというわけです。

 

鼻に入った雑菌が体内に入り、喉に到達して飲み込まれたとしても、胃酸によって殺されるので、悪影響が引き起こされるということは少なくなっております。

 

しかし、空気が乾燥してくると、同時に鼻の粘膜も乾き、そこに付着している細菌が繁殖するので、鼻の粘膜が炎症を引き起こして風邪になるのです。

 

元々、風邪というものは明確に定義されているというわけではありませんが、このように病原菌の侵入によって鼻腔内や喉の組織が傷つくことを指しております。

 

秋から冬にかけて風邪を引きやすいと言われているのは、上記で説明したように空気が乾燥しやすいからなのです。

 

そのため、この季節は特に風邪の予防に注意しなければなりません。

 

そこで、鼻うがいを行うことによって、乾燥によって繁殖した雑菌をしっかりと洗い流してくれるので、風邪予防に効き目があるというわけです。

 

「もしかして、風邪気味かな」と感じたら、普段以上に手洗いうがいを徹底的に行い、鼻うがいも行うようしましょう。

 

このような予防をきちんと行っていれば、風邪の症状の悪化を防げます。

 

とは言え、既に風邪の症状が進行していて熱を帯びているという場合は、鼻うがいをしても治るというわけではないので、病院へ行って診断してもらってください。

 

大した症状ではないと市販の薬で治そうとしている方はいらっしゃるかもしれませんが、医師の処方によって得られた薬を服用した方が圧倒的に効果が高くなっております。

 

自分の判断では適した薬を見つけることができないと思うので、風邪の症状を早くに改善するためにも、専門医の意見を聞いた方が良いのです。

 

また、本格的に熱を出しているのであれば、入浴は避けた方が良いのですが、平熱よりも1度ほど高いといった風邪気味の時は、ゆっくりと入浴して身体を温めることで、免疫力が5倍〜6倍ほどアップします。

 

そのため、シャワーだけではなく、湯船に浸かるようにしましょう。

鼻うがいの効果についてのページ