花粉症に効果的な鼻うがい

 

 

花粉症に効果的な鼻うがいについて

花粉症が発見されてから約50年が経った現在、花粉症で悩まされている方の人口は、約1〜2割と言われております。

 

約5〜6人に一人の割合で悩まされているという計算になるので、現在ではたくさんの対策法が登場しているのです。

 

その中の一つとして、鼻うがいが挙げられます。

 

風邪であれば、その症状は1週間、長くても2週間以内には治まりますが、花粉症は花粉が飛び散っている期間ずっと鼻汁や鼻水、目のかゆみといった症状で悩まされるようになるのです。

 

そこで、鼻うがいを行うことによって、鼻の粘膜に付着した花粉を綺麗に洗い流せます。

 

花粉によって引き起こされている不快な症状を鼻うがいで改善できるので、試す価値は大いにあると言えるでしょう。

 

花粉を鼻や喉から綺麗に流すことで、スッキリとでき、花粉症の予防に役立つのです。

 

鼻うがいで花粉症自体を改善できるというわけではありませんが、症状を少しでも抑えることは可能ですので、花粉が飛び散る時期になる少し前から鼻うがいを習慣化させると良いと思われます。

 

花粉症を引き起こしている方は、スギやヒノキといった植物の花粉がアレルゲンとなり、不快な症状を引き起こしております。

 

日本ではスギ花粉が有名となっておりますが、ブタクサやヨモギといった花粉は他の季節でも飛んでいるので、花粉症は春先だけではありません。

 

人によってアレルゲンとなる物質は異なるので、1年中花粉症に悩まされているという方はいらっしゃるのです。

 

鼻うがいは、そのようなアレルゲンとなる物質を流せるので、花粉症に効果的であると言われております。

 

「花粉症は自分には関係ない」と思っている方はいらっしゃいますが、花粉という異物を排除しようとする体内の抗体が増え、それがある一定量を超えると突然花粉症となって表れるので、誰でも引き起こされる可能性があるのです。

 

去年の春先は全く異常がなかったとしても、今年になって急に花粉症の症状に悩まされるということもあるので、対策を怠らないようにしましょう。

 

さて、鼻うがいの効果は花粉を流せるだけではなく、鼻粘膜の強化に繋がります。

 

定期的に鼻うがいを行うことで、鼻の内部に位置している粘膜が強くなり、炎症が引き起こされにくくなるのです。

 

しかし、水道水で鼻うがいを行うと、それが鼻への大きな刺激となり、逆に鼻粘膜が傷つけられてしまうので、花粉症をしっかりと対策するために、正しい鼻うがいの方法を身に付けてください。

鼻うがいの効果についてのページ