鼻うがいと重曹

 

 

鼻うがいと重曹について

一般的な生理食塩水を使用するのではなく、その中に更に重曹を混ぜて鼻うがいを行うことで、より大きな効果が期待できると言われております。

 

よくキッチンで使用される重曹ですが、これは洗浄作用を持ち合わせております。

 

水に溶かすとアルカリ性になるという性質があり、油汚れに素早く浸透し、その汚れを落としてくれるのです。

 

また、消臭作用もあり、アンモニアといった強い臭いであってもそれを吸収し、臭いの物質を分解してくれます。

 

このような作用があるということで、鼻うがいに入れると効果があると言われているのではないでしょうか。

 

重曹は身体に害を与えるような物質ではなく、実際にうがい薬の代わりとして使用されていることもあるので、安全に鼻うがいができます。

 

飲み込むのは良くないと思いますが、しっかりと吐き出すのであれば、全く問題はないのです。

 

重曹食塩水で鼻うがいを行うと、ブドウ球菌の繁殖を抑えられるので、鼻の中を清潔に保つだけではなく、口臭の改善にも役立ちます。

 

誰にでも効果があるというわけではありませんが、普通の生理食塩水を使用するよりも大きな効果が期待できる可能性が高いので、試す価値は十分にあるのです。

 

さて、重曹を使用した鼻うがい洗浄液の作り方は非常に簡単で、水500mlに対して食塩と重曹を5g程度溶かします。

 

そうすれば、0,9%の生理食塩水が出来上がるので、鼻に大きな負担をかけずに済むというわけです。

 

そして、通常の鼻うがいと同じように、その洗浄液を鼻の中に流し込み、休憩を挟みながら交互の鼻を洗い流していきます。

 

たったこれだけで、風邪や花粉症の予防になる他、重曹の効果によって口臭を改善できるかもしれません。

 

自分の臭いには意外と気が付きづらく、知らない間に他人に迷惑をかけていたという可能性は十分にあるので、自分には口臭がないと思っていたとしても、定期的なケアをしていく必要があります。

 

実際に、重曹を使用してうがいをしたり、歯磨きをしている方がいらっしゃるので、いかに優れた物質であるかお分かり頂けるでしょう。

 

酸性の臭いを脱臭する効果があるので、重曹で歯磨きを行うことにより、魚臭さや肉臭さを改善できるのです。

 

歯磨き粉として利用できる安全な成分だからこそ、鼻うがいの洗浄液に入れたとしても大きな弊害がないというわけです。

 

スーパーやドラッグストアなどで手軽に購入できるので、是非一度試してみてください。

その他