鼻うがいで痛いのはなぜ?

 

 

鼻うがいが痛い理由について

「鼻うがいで痛いのはなぜ?」という疑問を抱えている方はいらっしゃると思います。

 

しかし、正しい方法で鼻うがいを行えば、痛みを感じずに行うことができるのです。

 

鼻うがいで痛いと感じる方は、水道水で鼻うがいを行っている可能性があります。

 

確かに、水道水で鼻うがいをすると、塩分濃度の関係によって鼻がツーンと痛くなってしまうのです。

 

そこで、市販で販売されている洗浄液や、自宅で作った生理食塩水で鼻うがいを行ってみてください。

 

人間の体液と同じ浸透圧の0,9%の生理食塩水を使用すれば、痛みを感じないと思います。

 

市販で販売されている洗浄液もこの濃度に合わせて作られているので、より安全に鼻うがいを行っていけるというわけです。

 

鼻詰まりや鼻水を解消する方法はたくさんありますが、恐らく鼻うがいが一番効果的な方法となっております。

 

アレルギー性鼻炎や花粉症の症状を少しでも和らげられるので、試す価値は大いにあるでしょう。

 

もちろん、これらの症状の完治までは至りませんが、症状が重いという方は日常生活に大きな悪影響が引き起こされてしまうので、鼻うがいで改善した方が良いと思います。

 

「鼻うがいは痛いのではないか?」と考える方はいらっしゃいますが、正しい方法で行えば大きな痛みを感じることはありません。

 

鼻の中に液体を流し込むということで、想像しただけで痛みを感じてしまうかもしれませんが、実際にやってみると痛くはありませんし、難しくもないのです。

 

鼻うがいを行った後の爽快感は格別ですので、鼻の中をスッキリとさせて、清潔に保つことが可能となっております。

 

ただし、先ほども説明致しましたが、鼻うがいは注意をしないと鼻粘膜を傷めてしまいます。

 

0,9%という濃度を正確に保たなければならないというわけではありませんが、生理食塩水の濃度が濃すぎても薄すぎても、痛みを感じるのです。

 

このような説明を聞いているだけではしっくりこないかもしれないので、まずは一度鼻うがいを試してみてください。

 

正しい方法を熟知して行えば、痛みなく安全に鼻の洗浄が行えるということを理解できるはずです。

 

しかし、人によっては、専用の洗浄液を使用しても痛みが引き起こされる可能性があります。

 

そのような方は、鼻や喉が炎症を起こしているかもしれないので、鼻うがいが逆効果となるのです。

 

不安な方は一度耳鼻科へと行って、自分の症状を診断してもらいましょう。

鼻うがいに関する疑問についてのページ