鼻うがいとイソジン

 

 

イソジンとは

イソジンとは、明治製菓から販売されているうがい薬のことを指します。

 

イソジンが一番有名なうがい薬であると思うので、既に使用したことがあるという方は多くいらっしゃるでしょう。

 

イソジンの中には消毒効果を期待できる成分が含まれているので、水道水でうがいを行うよりもイソジンを利用した方が大きな効能を得られると思います。

 

それに、口の中に存在している細菌を殺す作用が働いているので、口臭の改善に大きく役立つのです。

 

もちろん、イソジンで完全に口臭をなくせるというわけではありませんが、細菌の繁殖を抑えられるので試す価値は大いにあります。

 

ただし、イソジンに含まれているエタノールが口の中を乾燥させる原因となり、その乾燥によって唾液の分泌量が減り、より口臭が悪化するということも考えられるため、十分に注意が必要です。

鼻うがいとイソジンについて

鼻うがいは洗浄液や生理食塩水の使用が勧められていますが、中にはイソジンで鼻うがいをしている方がいらっしゃいます。

 

しかし、これは非常に危険ですので、直ぐに止めてください。

 

イソジンといったヨード系のうがい薬の中には、強い殺菌作用が働いており、粘膜組織を痛める可能性があります。

 

つまり、イソジンで鼻うがいを行うと、水道水以上に鼻の粘膜を傷つけてしまうのです。

 

うがいをする際に、少し鼻に入る程度であれば全く問題はありませんが、仮に濃度を薄めたとしても、炎症が引き起こされるかもしれません。

 

特にアレルギー性鼻炎の方は鼻の粘膜が弱まっている傾向にありますが、イソジンによってさらに悪化させる危険性があるのです。

 

それに、イソジンはその強い殺菌作用から、喉が酷く荒れている時には使用しない方が良いと言われております。

 

鼻の粘膜は喉の粘膜よりも敏感で刺激を受けやすいので、尚更イソジンを使用しない方が良いのです。

 

実際にイソジンで鼻うがいを行い、大きな効果を手に入れられたという方はいらっしゃるのですが、だからと言って真似をしない方が良いでしょう。

 

鼻うがいには市販の洗浄液や、生理食塩水の使用が勧められているので、個人の判断でイソジンを使わないようにしてください。

 

喉に使用するために加工されているので、それを鼻に使用したらどのような悪影響が引き起こされるのか、少し考えれば分かると思います。

 

鼻うがいは普通の生理食塩水で大きな効果が期待できるので、刺激の強いイソジンを使用する必要は全くないのです。

鼻うがいの注意点についてのページ