インフルエンザの予防になる鼻うがい

 

 

インフルエンザの予防になる鼻うがいについて

インフルエンザの予防として、鼻うがいが効果的となっております。

 

鼻うがいは、別名鼻洗浄と呼ばれており、鼻の中の粘膜に付着した花粉といった物質を取り除いてくれるので、インフルエンザの予防には欠かせないというわけです。

 

外出先から自宅に帰ってきて、手洗いうがいを実施している方はいらっしゃると思われますが、鼻うがいまで徹底している方は少ないと思います。

 

もちろん、手洗いうがいは大事なのですが、それだけでは細菌の駆除はできないので、鼻の中に存在している細菌を体外に排出させるためにも、鼻うがいが適しているのです。

 

インフルエンザは、飛沫感染で広がっていくという特徴があり、咳やくしゃみといったもので体液が飛び散り、それを他の人が吸い込むことで感染します。

 

元々、インフルエンザは弱いウイルスなので、免疫力が正常であれば自分でも気が付かないうちに治ってしまうのです。

 

インフルエンザにかかっていないと思っていても、実際は感染しているというケースは決して少なくありません。

 

発症していないだけかもしれないので、自分で気が付かないというのは当たり前だと思われます。

 

しかし、睡眠不足や過労によって身体が疲れていたり、二日酔いといった抵抗力の弱い状態で感染すると、どんどん体内でウイルスが増殖して、様々な症状が引き起こされてしまうのです。

 

インフルエンザのウイルス1個につき、8時間で約100個に増えると言われているので、放置しておくことが非常に怖いということがお分かり頂けるでしょう。

 

インフルエンザに感染してしまったら、専門医の指示を受けて適切な処置を行う必要があるのですが、感染しないために予防をすることが必要不可欠です。

 

インフルエンザの予防方法としては、「体内にウイルスを侵入させない」「体内のウイルスを取り除く」といったことが挙げられます。

 

体内に侵入させないために、外出時にマスクをしたり、帰宅したら手洗いうがいをしていると思いますが、それだけでは不十分ですので、鼻うがいが必要というわけです。

 

もちろん、鼻うがいでも全てのインフルエンザウイルスを除去できるというわけではありませんが、手洗いうがいよりも体内に侵入させない方法として優れております。

 

また、体温を常に高く保ったり、バランスの良い食生活を心掛けることで、免疫力の低下を防げるので、規則正しい生活をしてインフルエンザの予防を行っていきましょう。

鼻うがいの効果についてのページ