鼻水に効く鼻うがい

 

 

鼻水に聞く鼻うがいについて

花粉症といった症状によって鼻水が出ると、いちいちティッシュでかまなければなりませんし、それによって鼻の周りが赤くなり、痛くなることもあるので非常に辛い症状の一つだと思います。

 

アレルギー性鼻炎で悩んでいる方は意外と多く、そのような方も絶え間なく出る鼻水に悩まされているはずです。

 

そこで、鼻うがいを行ってみてください。

 

鼻うがいで鼻水が出るのを完全に防げるというわけではありませんが、鼻の粘膜に付着している細菌やほこりを洗い流すことで、鼻の中をスッキリとさせることができ、清潔に保てるのです。

 

鼻水や鼻詰まりの解消法として鼻うがいは非常に適しており、医師も推奨している方法となっております。

 

普通に鼻をかむよりもスッキリとできることは間違いないので、鼻水の発生を抑えられるのです。

 

そこで、煮沸した水や、0.9%程度の食塩水を作って、鼻うがいを行ってみてください。

 

塩素殺菌が定着している日本ではそこまで大きな異常はないかもしれませんが、海外では水道水で鼻うがいをしたことで、細菌の一種であるアメーバが入り込み、死亡に至ったというケースが引き起こされております。

 

日本でも万が一があるので、水道水で鼻うがいをするのは止めましょう。

 

煮沸した水や食塩水を使用し、一方の鼻の穴に注入し、もう片方の穴から出すことで、鼻の中を綺麗に洗浄できます。

 

この際に唾を飲み込んだり、顔を大きく傾けると液体が耳管に入り込んで、中耳炎になる可能性があるので、十分に注意が必要です。

 

このように、正しい方法で鼻うがいを行っていれば、鼻水の発生を抑えて快適に生活を送ることができるでしょう。

 

鼻水や鼻詰まりが引き起こされていると、ストレスも増幅されてしまうので、鼻うがいで改善してみてください。

鼻うがいで鼻水が止まらないという方へ

「鼻うがいをした後に鼻水が止まらない」ということで、悩んでいる方がいらっしゃいます。

 

鼻うがいは、鼻の粘膜を綺麗にし、副鼻腔に溜められた鼻水を体外に排出しやすくするために行っているので、鼻水が止まらなくなるというのは、決しておかしなことではありません。

 

そこで、鼻うがいが終わったら静かに鼻を拭き、洗浄液がなくなったら軽く鼻をかんで中の鼻水を出しましょう。

 

この際に、思いっきり鼻をかむと中耳炎の大きな原因となるので、十分に注意してください。

 

鼻うがいを行い、鼻水を出せば、その後大量に出るということはないと思われます。

鼻うがいの効果についてのページ