牛乳で鼻うがい

 

 

牛乳で鼻うがいはできる?

「チャラリ〜鼻から牛乳〜」という歌が牛乳で鼻うがいをすることだと思っている方はおり、実際に試してみた方の動画が投稿されております。

 

確かに、牛乳には殺菌効果があるので、鼻うがいで鼻粘膜に付着したホコリや花粉の洗浄ができるのではないかと考えるかもしれません。

 

商品の宣伝なのかおふざけなのか投稿された動画の意図は分からないものの、牛乳で鼻うがいはできないので注意が必要です。

 

もちろん、常識を持った方であれば牛乳で鼻うがいをしようとは考えないはずですし、このようなことをいちいち説明する必要はないかと思われます。

 

鼻うがいは正しい方法で行えばかなり効果的な花粉症撃退法なのですが、私たちの鼻の粘膜は想像以上にデリケートで間違ったやり方で鼻うがいをしていると症状の悪化に繋がるのです。

 

牛乳で鼻うがいを行うのは論外としても、塩素を中和できていないシャワーをそのまま鼻の中に入れて綺麗にしようとすると、刺激でツーンとした痛みが発生します。

 

そのまま続けていれば、鼻の病気を患う原因になるかもしれないですし、アレルギー性鼻炎といった症状が酷くなることも十分にあり得るでしょう。

 

そのため、鼻うがいを考えている方は、生理食塩水をぬるま湯の温度にして使用するか、自宅で作るのが面倒だという方は鼻うがい専用の洗浄液を使用するべきです。

 

通販でもドラッグストアでも鼻うがい用の洗浄液が販売されており、小林製薬会社から販売されている「ハナノア」が有名となっております。

 

これらの液体を使って鼻うがいを行えば、人間の血液や体液の浸透圧に近い濃度に設定されているので、鼻の粘膜に刺激を与えることなく洗浄できるのです。

 

医師の中にも実際に鼻うがいを推奨している方はいらっしゃいますし、正しい方法で続ければアレルギー性鼻炎や花粉症の症状を少しでも和らげられるかもしれません。

 

牛乳は人間の血液や体液の浸透圧とは大きく異なるため、鼻うがいをしようと思っても痛みで綺麗に洗浄できないはずです。

 

牛乳以外の液体も基本的には鼻うがいに適さないので、0.9%に薄めた生理食塩水や洗浄液を使って自宅で試してみるようにしてください。

手作りの鼻うがいについてのページ