ごま油で鼻うがい

 

 

ごま油で鼻うがいをしよう

ごま油で鼻うがいをすると聞くと、油分が鼻の中に入って刺激を受け、症状が悪化するのではないかと考えるかもしれません。

 

しかし、ごま油を使って鼻うがいを行うことで中のホコリや細菌を駆除できるため、花粉症の緩和に最適だと考えられております。

 

実際に、ごま油ではなくセサミオイルを使って鼻うがいを実践している方は多く、セサミオイルは胡麻を圧搾して油成分を取り出してろ過したもののことを指すのです。

 

アーユルヴェーダでのマッサージではセサミオイルが使われており、純度は非常に高いので得られる効果もそれなりに大きくなっております。

 

特に人体に悪影響を与えることはないため、セサミオイルを使って鼻うがいを行い、花粉症やインフルエンザの予防を行ってみるべきです。

 

食塩水を使った方法と一緒で、「顔を上へ向けてキュアリング済みのセサミオイルを鼻の中に数滴垂らす」⇒「片方の鼻の穴を塞いで吸い込む」⇒「オイルが喉まで下りてきたらティッシュや洗面所に吐き出す」⇒「うがいをする」⇒「もう片方の穴にもオイルを入れる」という手順となります。

 

鼻の粘膜に付着しているホコリや花粉、細菌やアレルギー物質はティッシュで鼻をかむだけでは上手く取り除けないので、以前から鼻うがいが効果的だと言われているのではないでしょうか。

 

鼻の通りが以前よりも良くなれば酸素が身体の中にしっかりと入り、「脳の働きがアップする」「思考力がアップする」「疲労回復が早くなる」「病気になりにくくなる」という効果も得られます。

 

ただし、セサミオイルは鼻うがいのグッズとして適していても、食用のごま油をそのまま鼻の中に入れるのはやめた方が良いかもしれません。

 

確かに、ごま油とセサミオイルは似ているものの、マッサージ用キャリアオイルと比較してみると純度が低く、不純物や添加物が含まれております。

 

食用のごま油を肌に直接塗布してマッサージするのも避けた方が良いと考えられているので、鼻うがいにも純度の高いセサミオイルを使用するべきです。

 

セサミオイル(ごま油)には鼻の粘膜の炎症を和らげる効能があり、食塩水を使って鼻うがいを行うよりも得られる効果は高くなります。

 

ただ鼻の粘膜に付着した汚れを綺麗に落とすだけではなく、炎症を抑えて丈夫にしてくれるからこそセサミオイルは鼻うがいとして用いられているのです。

 

通販では、セサミ100%オーガニックオイルやターメリック&セサミオイルなどが販売されているので、是非一度購入してみてください。

手作りの鼻うがいについてのページ