鼻うがいで激痛は引き起こされるの?

 

 

鼻うがいで激痛は引き起こされるの?

「鼻うがいで激痛は引き起こされるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

しかし、正しいやり方で鼻うがいを実施していれば激痛が走ることはありませんし、安全に鼻水や鼻づまりといった症状を改善できるのです。

 

幼児の頃からアレルギー性鼻炎で悩んでいる方は珍しくありませんし、鼻づまりで眠れない日々が続いたというケースは十分に考えられます。

 

何をしている時にも鼻水が垂れてくることで集中力が失われますし、花粉症の季節は特に辛いのではないでしょうか。

 

そんな時に大きな効果を発揮してくれるのが鼻洗浄の鼻うがいで、ぬるま湯と塩をかき混ぜて0.9%の生理食塩水を作り、鼻の中に入れて中を洗っていきます。

 

生理食塩水であれば体液と同じ濃さなので、目や鼻の粘膜に触れても激痛が走ることはなく、安全に洗浄できるというメカニズムです。

 

濡れても大丈夫な洗面所やお風呂場で行うのがベストで、手洗いして清潔な手にした後に、生理食塩水を手にとって片方の鼻の穴から優しく吸い上げていきます。

 

もう片方の穴からも吸い上げ、鼻や口から生理食塩水を出すという簡単な処置で済むのです。恐らく、この鼻うがいで激痛が走ったという方は、使用している液体に問題があったのかもしれません。

 

水道水を使って鼻うがいを行っていると、体液と濃度が異なるため、プールで水が鼻の中に入った時のように激痛が走ることがあります。

 

しかも、痛みが酷くなるどころか、鼻の粘膜を傷付けて症状が悪化する可能性も十分にあるため、正しいやり方で鼻うがいを実施しなければならないことがお分かり頂けるはずです。

 

自宅で0.9%の生理食塩水を作るのが面倒だと感じているのであれば、通販で販売されている洗浄液を使って鼻うがいを行ってみましょう。

 

お手頃な価格で洗浄液はドラッグストアなどで販売されておりますし、体液の濃度を考慮して作られているので鼻うがいを行っても激痛が走ることはないのです。

 

「シャワーをそのまま鼻の中に入れて洗浄すれば良いのでは?」「炭酸水を鼻の中に入れればシュワシュワ効果で更に症状を改善できるのではないか?」と勝手な判断で鼻うがいをしていると、不快な症状が引き起こされます。

 

これでは花粉症対策やアレルギー対策に繋がりませんし、毎回のように激痛が走っていれば毎日の習慣として取り入れることはできないはずです。

 

正しい方法で行えば鼻うがいは決して痛くない処置なので、当サイトを読んで正しい方法を身に付けておいてください。

鼻うがいに関する疑問についてのページ