鼻うがいの副作用

 

 

鼻うがいの副作用について

鼻うがいは正しい方法で行っていれば、副作用が引き起こされる心配はありません。

 

一昔前は耳鼻科で取り入れられていた手法ですので、安全で効果的だということがお分かり頂けると思います。

 

しかし、鼻うがいに関する知識をつけずに、間違った方法で行っていると、思わぬ副作用が生じる可能性があるのです。

 

そのため、鼻うがいを行う場合は、あらかじめ正しい方法を身に付けてからにした方が良いと思います。

 

まず、副作用の一つとして、鼻粘膜への痛みが挙げられます。

 

副作用と言うほどのことではないかもしれませんが、専用の洗浄液や生理食塩水を使用せずに、水道水で鼻うがいを行っていると、鼻粘膜に大きな負担がかかってしまうのです。

 

プールや海へと入り、水が鼻の中に浸入してツーンと痛くなったという経験は、一度はあるのではないでしょうか。

 

これは、プールの中の水や海水の塩分濃度が体液と異なっているため、鼻粘膜にとって刺激となってしまうのです。

 

とは言え、体液と同じ塩分濃度である0,9%の生理食塩水を使用して鼻うがいを行っていれば、このような副作用は引き起こされないと思います。

 

多少の痛みは覚えるかもしれませんが、その痛みを最小限に抑えられるというわけです。

 

この副作用は、鼻うがいの方法をしっかりと熟知していれば、避けることができます。

 

更に、鼻への刺激というだけではなく、脳炎を引き起こすという副作用もあります。

 

水道水の完備が整っている日本であればそこまで心配する必要はないかもしれませんが、実際にアメリカでは水道水で鼻うがいを行い、その中に含まれていた細菌やアメーバによって脳炎を引き起こし、最終的には死亡に至ったのです。

 

そのため、生理食塩水を作るための水を一度温めて殺菌することをおすすめします。

 

その上で生理食塩水を作り、鼻うがいを行っていれば、このような副作用が引き起こされることはないはずです。

 

上記で説明したような副作用は、鼻うがいの方法を良く知らずに実行したという方が引き起こしやすいので、このサイトや他のホームページを参考しにして、まずは鼻うがいに対する知識を身に付けてください。

 

その後に鼻うがいを行っていれば、非常に大きな効果を手に入れられるはずです。

 

風邪やインフルエンザの予防、そして花粉症や蓄膿症といった症状を和らげられるかもしれないので、これらの悩みを抱えているという方は、一度鼻うがいを実行してみてください。

鼻うがいの注意点についてのページ