副鼻腔炎に効果的な鼻うがい

 

 

副鼻腔炎とは

副鼻腔炎とは、鼻膣の炎症が副鼻腔まで進行した状態を指し、毎年1000万人以上の方が発症していると言われております。

 

主な症状として、鼻詰まりや歯痛、頭痛といったものが挙げられます。

 

急性副鼻腔炎は風邪といった症状をこじらせ、鼻炎が原因で引き起こされてしまうのです。

 

発熱といった症状を伴うことがあり、目の周囲が腫れているという場合は、失明の恐れがあるので、直ぐに病院へと行かなければなりません。

 

慢性副鼻腔炎は、遺伝的な要因や元々の骨格によって引き起こされていると言われております。

 

急性副鼻腔炎よりも症状は軽いという特徴があるのですが、鼻詰まりなどが慢性的に引き起こされてしまうので、辛い症状の一つであると言えるでしょう。

 

慢性副鼻腔炎の一般的な治療は、抗生物質によって細菌を駆除したり、鎮痛剤によって鼻の痛みを抑えたりといった方法が行われております。

 

自然に治るような病気ではないので、耳鼻科の診断を受けるべきです。

副鼻腔炎に効果的な鼻うがいについて

鼻うがいは民間療法として中国気孔療術で取り入れられており、正しい方法で行うことによって、副鼻腔炎の予防が可能となっております。

 

鼻うがいをする際に、水道水で行うと刺激が強いため症状が悪化する可能性があるので、市販で販売されている鼻腔洗浄器の中に食塩水を入れ、片方の鼻に注入して出し、もう片方の鼻も綺麗にい洗浄することで、自然と鼻が通るようになるでしょう。

 

慣れないうちは苦しくて辛いのですが、継続的に行うことで副鼻腔炎の症状を和らげられるのです。

 

ただし、重度の副鼻腔炎で悩まされているという方は、鼻うがいを行わない方が良いと言われています。

 

あくまでも副鼻腔炎を完治させられるというわけではなく、予防の一環として行うということを頭に入れておく必要があります。

 

それに、間違った方法で鼻うがいを行っていると、症状の悪化に繋がるので、副鼻腔炎の症状が酷いという方は、病院での診察を受けるようにしましょう。

副鼻腔炎による頭痛を鼻うがいで治そう

副鼻腔炎によって頭痛が引き起こされることがありますが、そんな時は鼻うがいを行ってみてください。

 

鼻詰まりによって頭がぼんやりとし、頭痛が引き起こされているので、鼻うがいで鼻を通せば、自然とこの症状は治まっていきます。

 

また、鼻の中に何かあるような感覚に襲われた時、思いっきり鼻をかむ方が多いのですが、あまり力を入れると鼻に悪いみたいですので、軽く出すように心掛けるべきです。

鼻うがいの効果についてのページ