鼻うがいと塩素

 

 

鼻うがいと塩素について

水道水に含まれている塩素によって、鼻の粘膜が刺激を受けて炎症を引き起こすということをご存知ですか。

 

そのため、鼻うがい専用の洗浄液や自宅で作った生理食塩水を使わずに、水道水で鼻うがいを行うと、大きな異常が引き起こされてしまいます。

 

その異常に関しては、個人差が生じておりますが、逆に鼻が詰まるようになったり、アレルギー性鼻炎の症状が悪化したりするのです。

 

これでは鼻うがいをする意味は全くないので、正しい方法を熟知して行わなければなりません。

 

水道水で鼻うがいをすることによる弊害は、浸透圧によるものであると言われておりますが、この残留塩素による悪影響の方が強いのです。

 

「自宅で生理食塩水を作っても塩素が含まれているのでは?」と疑問に思う方がいらっしゃるかもしれませんが、0,9%の濃度の生理食塩水であれば、鼻の粘膜に負担をかけることなく鼻うがいができます。

 

自宅で作る場合は、多少濃度が変わってしまうかもしれませんが、水道水よりも食塩水の方が鼻にかける負担を少なくできるのです。

 

もし、塩素による悪影響が怖いというのであれば、市販で販売されているような洗浄液を使用すると良いでしょう。

 

プールに入り、鼻の中に水が入り込むと、ツーンとした痛みに襲われて、非常に苦しくなります。

 

しかし、水道水の中に含まれている塩素は、プールの塩素濃度を上回っていることが多いので、余計に大きな悪影響が引き起こされてしまうというわけです。

 

とは言え、塩分があまりにも多く含まれすぎていると、同じように鼻の粘膜を痛めてしまうので、自宅で作るという場合は、その濃度が濃くなりすぎないように気をつけてください。

 

0,9%に調節した生理食塩水や市販の洗浄液であれば問題はありませんが、それでも人によっては負担となる方がいらっしゃいます。

 

風邪やインフルエンザの予防となり、鼻詰まりや鼻水といった花粉症の症状を和らげられるのですが、あまり改善されないという方もいらっしゃるのです。

 

そのような方が、続けて鼻うがいを行うと、思わぬトラブルが引き起こされてしまうかもしれません。

 

痛みがあるという方は、続けても大きな効能を得られないと思うので、専門医に相談をするべきです。

 

専門医であれば、不快な症状をどのように改善すれば良いのか指示してくれると思うので、自己判断で鼻うがいを行うよりも効果を期待できます。

 

それに、症状が重いと鼻うがいで悪化する場合があるので、十分に気をつけてください。

鼻うがいの注意点についてのページ