鼻うがいで症状は悪化するの?

 

 

鼻うがいで症状は悪化するの?

「鼻うがいで花粉症などの症状は悪化するの?」という疑問を抱いている方はいますが、正しい方法で行っていればそのようなトラブルが引き起こされることはほとんどありません。

 

しかし、正しい方法を熟知せずに鼻うがいを行うと、アレルギー性鼻炎や花粉症の症状が悪化する可能性は十分にあります。

 

さて、鼻炎の症状が出ているという場合は、鼻の粘膜を健康に保つことが必要不可欠なのですが、水道水で鼻を洗浄すると鼻の粘膜に刺激が加わります。

 

そのため、鼻うがいには浸透圧の影響を受けない0,9%の生理食塩水が最適であると言われているのです。

 

水道水は塩分濃度がほぼ0%となっており、更に少量の微生物が含まれているので、それを鼻の中に流すことで粘膜が炎症を引き起こして症状が悪化します。

 

「じゃあ、水道水は飲まない方が良いの?」と疑問に思う方はいらっしゃるかもしれませんが、口から入れる場合は胃酸によって殺菌してくれるので、悪影響は引き起こされません。

 

しかし、鼻から侵入した細菌は、そのまま脳に到達する可能性があるので、水道水での洗浄を避けた方が良いというわけです。

 

もちろん、市販で販売されている洗浄液も、浸透圧の影響を考えた液体となっているので、症状が悪化することはないでしょう。

 

このような正しい知識を身に付けずに、花粉症に良いからという理由だけで自己流の鼻うがいが習慣化すると、症状が悪化して危険な状態となります。

 

肝心である鼻炎の改善も上手くいかなくなるので、鼻うがいを始める前にどのような方法を行えば良いのかきちんと理解してください。

 

とは言え、正しい方法で鼻うがいを行っていたとしても、人によっては症状が悪化して大量に鼻水が流れ出たり、喉の調子も悪化するかもしれません。

 

鼻うがいは皆さんが思っている以上にデリケートであり、全ての人が安全に行えるという方法ではないのです。

 

そのため、鼻うがいで鼻水や鼻血といった症状が止まらないという方は、鼻うがいが自分に合っていないということになるので、他の対処療法を考える必要があります。

 

自己判断では更に症状が進行して危険な状態になることも十分に考えられるので、専門医の診断を受けるべきです。

 

鼻うがいの正しい方法も、耳鼻科の医師であれば把握していると思うので、診断を受ける際に聞くことはできます。

 

以上のように、症状が悪化する可能性はあるので、最初のうちは鼻の状態を良くチェックしながら行っていきましょう。

鼻うがいに関する疑問についてのページ