鼻うがい情報局

 

 

鼻うがいとは

鼻うがいは鼻洗浄とも呼ばれており、鼻から専用の生理食塩水や洗浄剤を入れることによって、鼻の中にあるほこりやウイルスを取り除くことができます。

 

普通に鼻をティッシュでかんだだけでは出ないような鼻汁も出してくれるので、アレルギー性鼻炎の大きな原因である花粉症に効果的なのです。

 

花粉症で悩まされている方は、スギ花粉だけで1500万人以上、全体ですと2000万人以上であると言われております。

 

つまり、約5人に1人の割合で花粉症に悩まされていることになるのです。

 

日本の国民病とも呼ばれている症状で、完治することはないのですが、鼻うがいを続けたことによって症状が緩和されたという方は多くいらっしゃいます。

 

確実に花粉症やアレルギー性鼻炎が治るというわけではありませんが、症状を抑える一つの方法として、鼻うがいを試す価値は大いにあるでしょう。

 

市販で鼻うがい薬は売られていますし、自宅で簡単にケアできるというメリットもあります。

 

鼻の異常は非常に辛く、集中力をなくす大きな原因となるので、仕事が捗らないと嘆いている方はいらっしゃるかもしれません。

 

そのような方は、鼻うがいを実践して症状を抑えてみてください。

 

このように、鼻トラブルに大きな効果があると言われている鼻うがいですが、ただ鼻を洗浄すれば良いというわけではないことを頭に入れておく必要があります。

 

「洗浄剤ではなくても、水で鼻うがいをすればいいじゃん」と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、普通の水道水で行うと鼻の粘膜を傷つけてしまうのです。

 

逆に症状が悪化するということも十分に考えられるので、洗浄液にはぬるめの生理食塩水を使うようにしましょう。

 

1%以下の液体で十分な効果が得られるので、塩水を使用すれば良いと思います。

 

そして、濡れても特に問題がない洗面所や浴室で、片方の手に洗浄液を溜め込み、もう片方の手で一方の鼻を塞いで少しずつ吸い上げていきます。

 

飲み込まずに、液体を鼻から出し、両穴で3回ずつ行えば鼻うがいの完了です。

 

これが一般的な鼻うがいの方法となっております。

 

たまに、鼻うがいをしている最中に液体を鼻全体に浸透させるために上を向いたり、左右に頭を振ったりする方がいらっしゃいますが、必ず顔を下に向けたまま行ってください。

 

「鼻うがいは痛そう」と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、鼻に入った時に感じる痛みの原因は水ですので、生理食塩水を使用すればそこまで痛みを感じないと思います。